地下アイドル水着ブログ

あくまで楽曲派

乃木坂46が売れた!というけどAKB48ほど認知されてない話と水着

calendar

reload

乃木坂46が売れた!というけどAKB48ほど認知されてない話と水着

「今のトップアイドルは乃木坂46だ!AKB48の時代は終わった!!」なんてことを言う人がいるんですが実際のところはどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

一般層からの認知

確かに2年連続で紅白に出場したり、妹グループの欅坂なんてデビューから1年で紅白に出場していて勢いがあるのは分かります。
しかし残念ながらトップアイドルというほどのものではないよねと思ってしまいます。その理由は一般層には全く届いてないことです。
例えばAKB48の一番人気は誰かと聞かれたら老若男女問わず「指原」と名前が出ると思います。
では質問を乃木坂46に置き換えたときに指原さんと同じように誰かの名前が出てくるでしょうか?出てきても生駒さんですし、それが違うことすらわかっていません。
そもそも乃木坂46がAKB48と違う系統であることすら一般の人は知らないです。試しに聞いてみてください。「知らなかった」という返事が返ってきます。
さらにいうと乃木坂が【46】という数字だということも気づいてない人がかなり多いです。試しにgoogleで【テレビ東京+のぎざか】と打つと予測検索に【テレビ東京 乃木坂48】と出ると思います。
これは「テレ東音楽祭」という番組で乃木坂が出演した時のテロップが【乃木坂48】と表記されてしまっていた事件のことです。
ちなみにテレビ東京は「乃木坂工事中」という番組を放送しています。にも関わらず誰もこの間違いに気づかなかったというわけです。
もしこれが【AKB46】と間違えて打たれていても制作スタッフは気づかなかったでしょうか?さすがにそれは考えられないですよね。

乃木坂はこの事件があった年に初の紅白出場を果たしました。

 

ここで最近発売された衛藤美彩さんの水着で小休憩。

衛藤美彩写真集 話を聞こうか。


美しすぎんだろ!!

ライバルという設定から生まれる欺瞞

この記事を読んでくださっている人は乃木坂46が生まれた経緯はご存知かと思います。
ですが知らない人のために簡単に説明したいと思います。
昔AKB48がまだ売れてなかった時代はデフスターレコーズというソニーのグループ会社がレーベルでした。
しかしAKB48のCDの売り方に問題があるのではないかという話になりデフスターレコーズに契約を解除されたAKB48はキングレコードと契約することになりました。
その後CDの売り上げはうなぎ登りになり続々とミリオンヒットを飛ばしました。

このヒットに納得がいかなかったソニーは秋元康さんに「新しく同じようなグループを作ってくれ」と頼みます。
その要望に対して「じゃあAKB48の公式ライバルを作ろう」と誕生したのが乃木坂46です。

ここでライバルという設定が出ててきたわけですが、僕はこのライバルという設定に無理があると思っています。
まず映画や漫画においてライバルという設定が使われるからにはお互いが競い合う相手として認め合うことが必要になるはずです。
しかし競い合っているのはあくまでレコード会社だけで乃木坂のメンバーも「AKBを倒したい!」と思ってオーディションに参加したのではなく「AKBのようなアイドルになりたい」と参加したはずです。
AKB48がいなかったら存在すらしてない乃木坂46をライバルとするのはどうなんでしょう。
何よりプロデューサーはどちらも秋元康さんですし。せめてプロデューサーが秋元さんのライバルだったら成立してると思いますが。

このような「きっかけ」で生まれたグループだとしたら、やはりAKB48には感謝しなければいけないはずなのに、敵対視しているファンを生み出しているのもどうなんでしょうか?
その敵対視の憎悪は日に日に増しており、普段ならお祭りとして歓迎されるはずのコラボすらもファンたちには不快のようです。
その中で「人気が下がったからって乃木坂の人気を使うな!」なんて声もありましたが「乃木坂はAKBがいなかったら存在すらしてないよね。」と言いたくなります。

少なくとも地下アイドル界隈ではコラボはまさにお祭りであり、普段見られないものを見られる嬉しさを語り合っている人が多い印象です。

 

ここで僕の大好きな秋元真夏さんの水着を貼っておきますね!

秋元真夏ファースト写真集 真夏の気圧配置


天使かよ…

スポンサーリンク

オタクは1グループだけ好きになるけどアイドルは…

そしてその発言がファンを獲得するチャンスを潰してしまっていることに気づいた方がいいと思います。
コラボというのはそもそも別のグループのファンにしってもらうためにやっているのにそれを否定するのは好きなアイドルに対してマイナスです。
それはアイドル同士のコラボだけではなくブランドとのコラボも、そのブランドを好きな人にアイドルを知ってもらうためであり、またそのアイドルを好きな人にブランドをしったもらうためにやっているものです。
乃木坂46はルックスがずば抜けていることもあり、ファッション誌に出ることも多いです。そのファッション誌が乃木坂のおかげで売れるし、そこから女性ファンを獲得した流れがあったことを忘れてはいけません。

アイドル同士のコラボはファンを奪われるから諸刃の剣だという意見もよく聞きます。
しかしそんなオタクに言いたい。
「どちらも好きになれば良いではないか」と。
なぜそのグループだけ好きになろうとするのか?どちらも好きになればいいじゃないか!

だってアイドルは僕たち数十万人いるオタクを平等に愛してくれているのだから。

 

エンディングテーマ

誰のことを一番 愛してる?[坂道AKB]

この記事をシェアする